MENU

タバコのヤニで歯が汚れる理由

タバコは体に悪いものです。
今やタバコを吸う人は世間の嫌われ者のような扱いを受けます。
それは分煙が進み、喫煙する場所がどんどん減っていることを見ても一目瞭然だと言えます。
それほどに嫌われるのは健康に悪いことが一番の原因だと言えますが、もう一つの原因はタバコのヤニの関係も影響しているでしょう。
タバコのヤニはタバコに含まれているタールのことを意味します。
タールは植物などに含まれる樹脂となります。
ねっとりとして脂っこいのが特徴で独特の臭いも発します。
このタールは何かとこびりつきやすいのです。
タバコを部屋で吸っている人の部屋の壁が黄色くなり汚れるのはこのこびりつきやすいという特徴のせいでもあるのです。
タバコのヤニは歯を汚してしまう原因もこのタールのこびりつきやすいという性質が影響しているのです。
タバコのタールは歯だけでなく内臓も真っ黒にしてしまいます。
これもこのタールの性質から来ているものです。
こびりついたタールは歯に関して黄ばみを作り歯を弱くしてしまいます。
内臓に付いたものは内臓の機能を劣化させていくのです。