MENU

煙草のヤニで歯が汚れるのは本当?

タバコを吸う人は年々減ってきていると言われています。 その一方でタバコを止めたくても止めることが出来ない人がいるのも事実で常習性が強いのがタバコで中毒になりやうすいのです。 そんなタバコには様々な健康被害がある可能性があります。 実際にそのことはか科学的にも証明されているのでタバコを止める人も多いのです。

また、タバコを吸わない人でも副流煙によって健康被害が起こるとも言われていますので自分だけでなく周りの人にも多大な迷惑を変える可能性があるのがタバコということになるのです。 タバコにはもう一つ厄介な現象があります。 それは歯が汚れる、黄ばむということです。

タバコが原因で歯が汚れてしまう場合、ひどい人では黒くなってしまう人もいるようです。 タバコにはタールが含まれています、タール自体は真っ黒だと言いますから、そのタールを吸っているのですから白い歯には着色が起こっても何も不思議ではないということになるのです。 一般的にはヤニが歯に着色をしていると言われていますが、タールは歯だけでなく内臓の肺や胃、食道なども着色してしまう強烈な着色の元となるのです。

タバコのヤニで歯が汚れる原因

タバコは体に悪いものです。 今やタバコを吸う人は世間の嫌われ者のような扱いを受けます。 それは分煙が進み、喫煙する場所がどんどん減っていることを見ても一目瞭然だと言えます。 それほどに嫌われるのは健康に悪いことが一番の原因だと言えますが、もう一つの原因はタバコのヤニの関係も影響しているでしょう。

タバコのヤニはタバコに含まれているタールのことを意味します。 タールは植物などに含まれる樹脂となります。 ねっとりとして脂っこいのが特徴で独特の臭いも発します。 このタールは何かとこびりつきやすいのです。 ステインを落とす歯磨き粉 歯のヤニを除去する方法 ホワイトニング歯磨き粉 ステインを除去する歯磨き粉 ヤニを除去する歯磨き粉

タバコを部屋で吸っている人の部屋の壁が黄色くなり汚れるのはこのこびりつきやすいという特徴のせいでもあるのです。 タバコのヤニは歯を汚してしまう原因もこのタールのこびりつきやすいという性質が影響しているのです。 タバコのタールは歯だけでなく内臓も真っ黒にしてしまいます。 これもこのタールの性質から来ているものです。

こびりついたタールは歯に関して黄ばみを作り歯を弱くしてしまいます。 内臓に付いたものは内臓の機能を劣化させていくのです。

歯についた煙草のヤニをとるには

タバコを吸う人は歯が汚れます。 黄ばんだような状態になり見た目にも汚らしくなってしまうのです。 タバコを吸うことで歯に付いてしまった汚れであるヤニを取るにはどうしたら良いのでしょうか。

一番効果的で有名な方法としては歯医者でホワイトニングを行うという方法があります。 確かにきれいになりますが一度ホワイトニングを行えば永遠に綺麗になるというものではありません。 せいぜい半年から2年程度しかもたないと思っておいた方が良いでしょう。 そして費用面でも健康保険の適用外となりますので20,000円から30,000円程度かかると思っておくべきです。

ホワイトニング専用の歯磨き粉を使用するのも安価で行える効果的な方法です。 ただし、即効性はなく継続して磨いていくことが必要となります。

重曹を使用して歯を磨くことや歯のマニキュアを使うという方法もあります。 手軽にできるので家庭ではオススメの方法だと言えます。

その他にホワイトニングが出来るグッズなども販売されていますので、それらを利用するのも良い方法だと言えます。 ただし、意外と値段は高い金額のグッズが多い傾向にあります。

更新履歴